うなぎ魚醤「鰻能(ばんのう)」鰻(う)ナンプラー鰻ナンプラー鰻能(ばんのう)が、2021年度愛知のふるさと食品コンテスト最優秀賞(知事賞)受賞しました。

商品名

うなぎ魚醤「鰻能(ばんのう)」鰻(う)ナンプラー 1本

[gyosyo01]

うなぎ魚醤「鰻能(ばんのう)」鰻(う)ナンプラー 2本セット

[gyosyo02]

うなぎ魚醤「鰻能(ばんのう)」鰻(う)ナンプラー 3本セット

[gyosyo03]
価格 販売価格 1,524 税込、送料含 (本体864円+送料660円) 販売価格 2,388 税込、送料含 (本体1728円+送料660円) 販売価格 2,592 税込、送料含 (本体2592円+送料無料)
商品内容
原材料:うなぎ、食塩/アルコール
アレルゲン:-
内容量:90ml
原材料:うなぎ、食塩/アルコール
アレルゲン:-
内容量:90ml×2
原材料:うなぎ、食塩/アルコール
アレルゲン:-
内容量:90ml×3
※北海道、沖縄、離島は送料500円が掛かります。
※発送は日本国内のみです。海外への発送は対応しておりません。
※商品梱包、プラスチック製皿、真空パック素材、包装など時期により異なる場合があります。

商品説明


イメージキャラクター
とうしょー君
うなぎ製品の製造販売を行う(株)あつみ、イチビキ(株)、(株)海みらい研究所との共同開発。
商品名、イメージキャラクターは東三河地区の高校生から公募して決定しました。
  • 色が淡く、クセがないので、素材の味を引き立てたい料理に適しています。
  • たまごとの相性がよく、たまごの旨味を引き立てます。
  • 隠し味として使うと全体の旨味の底上げができます。

魚醤(ぎょしょう)説明

今まで利用されていない「鰻の頭」で 魚醤作り!
発酵の力を活用して、通常では利用されていない鰻の頭部を魚醤(ぎょしょう)にするという 全国的にも例のない未利用資源の活用を目指します。

「海みらい研究所」の発案により、鰻のかば焼きなどを手掛ける豊橋市柳生町の水産加工会社「あつみ」が 、従来は捨てていた鰻の頭部を豊橋市に醸造工場がある食品メーカー「イチビキ」へ提供。鰻の魚醤(ぎょしょう)作りを2020年5月より開始。2021年3月23日(火)より販売を開始します。

愛知県立三谷水産高等学校(愛知県蒲郡市)の前校長 丸﨑敏夫氏(現 海みらい研究所代表)が、あつみの加工場を見学した際、利用されていない鰻の頭のことを知り高校生の実習や就職先として交流があるイチビキに鰻の魚醤の商品化を提案した。

完成した魚醤は、旨味は強いが、色は淡く、香り穏やかでクセがなく仕上がり、様々な料理の味付けに「ばんのう」に使ってもらえるのではと期待。


▲イチビキの工場での仕込み作業風景
鰻の頭300キロに塩と酵素を混ぜ込み、タンクに仕込んでいった。

魚醤のレシピ

色がとても淡く、香りも穏やかでクセがない旨味がある魚醤油です。
たまごとの相性がよく、たまごの旨味を引き立てます。
隠し味として使うと全体の旨味の底上げができます。

魚醤とお刺身

醤油の代わりに魚醤でお刺身を頂く。
魚醤の旨味と魚の旨味が絶妙に合います。
【材料】
  • 魚醤  ………………30g
  • 日本酒  ……………20g
    (沸騰させて酒精を飛ばすとまろやか)
  • みりん  ……………4g

玉子かけ御飯

▲お茶碗一杯分 約20g
【材料】
  • 魚醤  ………………10g(小匙2)
  • 酒  …………………小匙1と3/4
  • 砂糖  ………………小匙1/5
    (甘めが好きな人は小匙1/2)
醤油配合比 10:9:0.5 魚醤:酒:砂糖

【作り方】
  1. 鍋に酒と砂糖を入れ火にかけアルコール分を飛ばす。
  2. 火から鍋を下ろし魚醤を加える。

野菜サラダ 魚醤ドレスィング

【材料】
  • 魚醤  ………………10g(小匙2)
  • 酒  …………………小匙1と3/4
  • 米酢  ………………小匙1
  • 砂糖  ………………小匙1/2
  • こめ油 ………………小匙2
  • 玉ねぎみじん切り …12g
【作り方】
  1. 材料を合わせて出来上がり。